黒部峡谷鉄道 EDR型はトロッコ列車を牽引

1966年から1998年にかけて製造されたED形を改造
黒部峡谷鉄道 EDR型
2017年9月21日 欅平駅 写真:こぱふぅ
黒部峡谷鉄道 EDR 型は、1966 年(昭和 41 年)から 1998 年にかけて製造された ED 形を改造した電気機関車である。

全長6.9 メートル、全幅 1.66 メートル、全高2.7 メートル、重量18.0 トン。定格出力 42.0kW×4 機、定格速度 24.8km/h。2 両を重連にすることで、最大 13 両の客車を牽引できる。
定員制でネット予約ができるほか、空席があれば当日券も発売している。
黒部峡谷鉄道 EDR型の大きな写真大きな写真
(1383×1920 ピクセル, 1291 Kbyte)
黒部峡谷鉄道 EDR型
2017年9月20日 写真:こぱふぅ
牽引している客車は、開放型ボギー車の B 型(1000 形)と、密閉型ボギー車の R 型(2500/2550/2800 形)である。R 型はリラックス客車と呼ばれ、エアコン備え、座席には背もたれがついている。
黒部峡谷鉄道 EDR型の大きな写真大きな写真
(2560×1729 ピクセル, 3092 Kbyte)
黒部峡谷鉄道 EDR型
2018年8月13日 宇奈月温泉駅 写真:こぱふぅ
これ以外に、B 型を密閉したエアコンを付けたような A 型(2000 形)がある。
もともとが資材運搬用車両であるため、トロッコ客車の内部はかなり狭い。
黒部峡谷鉄道 EDR型の大きな写真大きな写真
(2560×1734 ピクセル, 2711 Kbyte)
黒部峡谷鉄道 EDR型
2017年9月20日 写真:こぱふぅ
黒部峡谷鉄道(黒鉄)は、日本国内では珍しい軌間762mm の特殊狭軌による鉄道路線である。新幹線の標準軌(1,435mm)の半分の幅しかなく、その分、低コスト、短期間で線路を敷設できる。
黒部川電源開発のための資材運搬用鉄道として、1923 年(大正 12 年)に鉄道敷設工事に着手した。1926 年(大正 15 年)、宇奈月~猫又間で運転を開始。1937 年(昭和 12 年)6 月に全通した。1971 年(昭和 46 年)7 月、関西電力から分社化された。
黒部峡谷鉄道 EDR型の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 947 Kbyte)

運行ルート

宇奈月温泉駅から欅平駅までの 20.1km、10駅を 1 時間15 分で結ぶ。

トロッコ客車のうち、屋根がついている R 型と A 型は追加料金が必要だ。R 型が一番高いが、相応の乗り心地となっている。
黒部峡谷鉄道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header