西武 E31形電気機関車は E851形を小さくしたようなデザイン

保線用工事列車を牽引
西武E31形電気機関車
2017年11月11日 横瀬車両基地 写真:こぱふぅ
西武鉄道 E31 形は、旧型の輸入機関車を置き換えるため、1986 年(昭和 61 年)から 1987 年にかけて 4 両が製造された電気機関車である。保線用工事列車の牽引を目的としている。
E851 形を小型化したデザインで、クリーム色に朱色の 3 本の帯で E851 形を反転させたような塗装になっている。台車は、国鉄飯田線で運用されていた 80 系電車の廃車発生品を流用している。

2010 年(平成 22 年)3 月に運用終了となり、E31 が横瀬車両基地に保管され、E32~E34 の 3 両は大井川鐵道へ譲渡された。
西武E31形電気機関車の大きな写真大きな写真
(1506×1920 ピクセル, 980 Kbyte)
西武線 関連
(この項おわり)
header