銚子電鉄 デハ800形はアニメ「打ち上げ花火‥‥」に登場

1950年に製造された伊予鉄道の電車
銚子電鉄 デハ800形
2018年5月4日 外川駅 写真:こぱふぅ
デハ 800 形は、1985 年(昭和 60 年)に銚子電鉄から譲渡された車両で、元は 1950 年(昭和 25 年)に製造された伊予鉄道クハ 400 形(のちのモハ 100 形)である。全長16.2 メートル、片開き 3 扉車で、車両定員は 120 人。
銚子電鉄 デハ800形の大きな写真大きな写真
(2560×1993 ピクセル, 2059 Kbyte)
銚子電鉄 デハ800形
2018年5月4日 外川駅 写真:こぱふぅ
2010 年(平成 22 年)9 月に営業運転を終了し、外川駅 (とかわえき) に留置。昭和ノスタルジー館として、車内に昭和時代の日用品や玩具などを展示していた。
県立銚子商業高校の生徒や県内の塗装工事会社などの協力により復元修理が行われ、2017 年(平成 29 年)12 月 23 日から無料開放されている。

車内には、2017 年(平成 29 年)8 月に公開されたアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のキャラクター等身大パネルが設置されている。映画予告編でデハ 800 形が走っていたり、近隣の犬吠埼灯台が舞台になっていることから。
銚子電鉄 関連

参考サイト

(この項おわり)
header