のと鉄道 NT200形気動車は保守も簡便に

アニメ「花咲くいろは」のラッピング列車運行中
のと鉄道 NT200形気動車
2018年8月11日 穴水駅 写真:こぱふぅ
NT200 形は、のと鉄道NT100 形の代替として、2005 年(平成 17 年)3 月に営業運転を開始した。車体長は 18.5 メートルと 2 メートル長くなり、最高速度は 95km/h と 15km/h も速くなった。

旧国鉄能登線廃止の決定を受け、石川県が運輸省に陳情したのがきっかけとなり、1987 年(昭和 62 年)4 月、第三セクター方式の のと鉄道が設立された。当初は 100km を超える鉄道を保有していたが、過疎化による沿線人口の減少と、能登半島の道路網の整備が進んだことで、乗客数は減少の一途を辿っている。
のと鉄道 NT200形気動車の大きな写真大きな写真
(1424×1920 ピクセル, 866 Kbyte)
のと鉄道 NT200形気動車
2018年8月11日 穴水駅 写真:こぱふぅ
2001 年(平成 13 年)4 月に七尾線・穴水 - 輪島の 20.4km を、2005 年(平成 17 年)4 月には能登線・穴水 - 蛸島の 61.0km を廃止した。このタイミングで保守を簡便化できる NT200 形を導入したわけだが、現有する七尾線・七尾 - 穴水 33.1km の営業状況もかんばしくない。
のと鉄道 NT200形気動車の大きな写真大きな写真
(2560×2031 ピクセル, 1949 Kbyte)

「花咲くいろは」ラッピング列車

のと鉄道 NT200形気動車
2018年8月11日 穴水駅 写真:こぱふぅ
2011 年(平成 23 年)4 月から放映されたアニメ「花咲くいろは」は、石川県にある架空の湯乃鷺 (ゆのさぎ) 温泉街を舞台としており、2012 年(平成 24 年)3 月からラッピング列車が運行している。
のと鉄道 NT200形気動車の大きな写真大きな写真
(2560×1480 ピクセル, 1481 Kbyte)
のと鉄道 NT200形気動車
2018年8月11日 穴水駅 写真:こぱふぅ
NT200 形をベースにした NT300 形で運行している観光列車「のと里山里海号」も手作り感あふれるもので、鉄道ファンならずとも応援したくなる。
のと鉄道 NT200形気動車の大きな写真大きな写真
(1920×950 ピクセル, 777 Kbyte)
湯乃鷺駅(西岸駅)
「花咲くいろは」に登場する「湯乃鷺 (ゆのさぎ) 」の看板が、西岸 (にしぎし) 駅に掲示されている。
能登観光の際は、のと鉄道に乗って、ノンビリとした鉄道旅行を堪能していただきたい。
のと鉄道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header