大井川鐵道 ED90形はアプト区間の電気機関車

井川線(南アルプスあぷとライン)
大井川鐵道 ED90形
2019年3月20日 奥泉駅~アプトいちしろ間 写真:こぱふぅ
大井川鐵道 ED90 形は、1989 年(昭和 64 年)から 1990 年にかけて日立製作所で 3 両が製造された、南アルプスあぷとラインのアプト式電気機関車である。
大井川鐵道 ED90形の大きな写真大きな写真
(2560×1644 ピクセル, 2068 Kbyte)
大井川鐵道 ED90形
2019年3月20日 奥泉駅~アプトいちしろ間 写真:こぱふぅ
ED90 形は各ボギー台車内にラック歯車を装備している。
全長14.0 メートル、全幅 2.0 メートル、全高3.4 メートル、重量56 トン。
制動装置は万全を期すため多重系統にされており、発電ブレーキを常用し、自動空気ブレーキ、保安空気ブレーキ、ラックホイール用ばねブレーキ、非常短絡発電ブレーキなどが装備されている。

参考サイト

大井川鐵道 関連
(この項おわり)
header