大井川鐵道 C12形蒸気機関車は小型軽量

再復活へ向けて調整中
大井川鐵道 C12形蒸気機関車
2019年3月20日 新金谷駅 写真:こぱふぅ
大井川鐵道 C12 形は、鉄道省がローカル線区向けの機関車として 1932 年(昭和 7 年)から製造を始めた小型のタンク式蒸気機関車で、1947 年(昭和 22 年)まで 282 両が製造された。
大井川鐵道 C12形蒸気機関車の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1870 Kbyte)
写真の 164 号機は、1937 年(昭和 12 年)9 月に日本車輌製造で製造されたもので、最初、上諏訪機関区に配置された。戦後、岡山機関区、厚狭機関区を転戦し、1973 年(昭和 48 年)3 月、中央本線木曽福島機関区で廃車となった。
その後、千頭駅で静態保存展示していたが、日本ナショナルトラストが中心となって復活を目指し、1987 年(昭和 62 年)に営業運転を再開した。
しかし、ATS装置が義務づけられた 2005 年(平成 17 年)4 月をもって運転を休止。
現在、新金谷駅の転車台での展示車両となっているが、大井川鐵道と日本ナショナルトラストは、再復活へ向けて活動を続けている。
大井川鐵道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header