ride hailing

ライドシェア

意味

ride hailing = ライドシェア
ライドシェア。

乗用車の相乗りの需要をマッチングさせるソーシャルサービスの総称である。
ライドシェアでは、自動車の所有者・運転者と、移動手段として自動車の乗りたいユーザーを結びつけるソーシャルプラットフォームが提供される。モバイルアプリを通じて配車を依頼すると、端末の GPS 機能を通じて現在位置が発信され、付近の迎車可能なドライバーが手配される。手配した側は手軽に迅速に自動車を利用することができ、自動車を運転する側は空いた時間を使って送迎を行い小銭を稼ぐことができる。

ライドシェアのサービスは、2010 年(平成 22 年)に米国で開始された Uber を中心に、世界的に広がりつつある。Uber は 2015 年(平成 27 年)までに世界50 ヵ国以上に進出してサービスを提供している。

ライドシェアにはタクシー事業者を手配するサービスやアプリは含まれない。モバイルアプリや GPS を駆使してタクシーを手配するサービスを含む呼称としては「オンライン配車サービス」などの言い方がある。

例文

Uber’s board of directors formalized a new arrangement that enables SoftBank and the Dragoneer Investment Group to purchase at least 14 percent of the ride hailing startup.
ウーバーの取締役会はソフトバンクとドラゴニア投資グループがライドシェアアービスベンチャーである同社の少なくとも14%の株式を購入できる新しい取り決めを正式決定した。

参考サイト

(この項おわり)
header