signatory nation

署名国

意味

signatory nation = 署名国
署名国。

他国と条約を結ぶ場合、まず全権委員(全権代表)が条約文に署名(調印)し、条約文を確定する。次に、当該国の議会で承認・議決(批准)を行ない国内法制化する。これにより、正式に条約が発効される。このように、条約は 2 段階の手続きを持って発効されるため、締結ではなく署名批准という用語が使われる。

例文

Cabinet ministers from 11 signatory nations to the Trans-Pacific Partnership free-trade deal are holding another round of talks in Vietnam.
環太平洋連携協定署名11カ国の閣僚が、ベトナムで2日目の協議に入っている。

参考サイト

(この項おわり)
header