NAS「TS-109ProII」はLinuxサーバとして運用可能

2008年9月購入
QNAP TS-109ProII
動画や音声のデータ増えてきたので、NAS を新調することにした。購入したのは、台湾QNAP社の NAS キット「TS-109 Pro II」――やや高価で筐体も大きめだが、Linux サーバとして利用できる点が魅力である。これに 1TB の HDD を内蔵した。

Windows とのファイル共有機能として SMB/CIFS を搭載するほか、MacOS X 用の AFP、UNIX用の NFS も搭載しており、複数のクライアント OS が混在していても日本語ファイル名を問題なく利用できる。

前面に USB ポートが 1 つあり、ここに USB メモリや USB 対応 HDD を接続すると、自動的に NAS のドライブとしてマウントされる。
デジカメのデータを NAS にコピーする際、クライアント PC経由でアップロードするより、この USB ポートにマウントして、クライアント PC 側からファイラーを使ってコピーする方が断然早い。
関連商品icon
QNAP TS-109ProII
背面には USB ポートが 2 つと、eSATA ポートが 1 つある。
ここに USB 対応 HDD または eSATA 対応 HDD を接続すると、内部HDD とミラーリングすることができる。1TB のデータをバックアップするのはたいへんなので、できるだけ早いうちにミラーリング用の HDD を用意したいと考えている。

また、USB はプリンタポートとしても利用できる。TS-109Pro をプリンタサーバとして、共有プリンタを公開することもできる。
QNAP TS-109ProII
HDD をセットしたところ。
ネジ 2 本でケースを分解し、別途購入した日立製の 1TB の SATA-HDD(HDS721010KLA330)をコネクタに差し込む。あとは 4 本のネジで固定するだけ。実に簡単な作業である。

ファンレスなので HDD は発熱が少ないものを選んだ方がいいだろう。
QNAP TS-109ProII
ファンレスであるため、放熱効果も兼ねて、かなり厚手のアルミ筐体となっている。

基板の熱が心配だったが、部品点数も少なく、固体コンデンサが使われている。これなら 3~4 年は問題なく動きそうである。

ハードウェアスペック

項目 仕様 コメント
CPU Marvell 5182 500MHz 他製品に比べ高速であり、付属のGUIソフトもストレス無く動かすことができる。
メモリ 256 MB DDRII、8MB Flash  
対応HDD 3.5インチSATA×1、最大1TB
USBまたはe-SATAとの外部接続を使えば最大2TBまで可
 
LAN ギガビットRJ-45イーサネット・ポート×1  
その他のI/F USB 2.0×3(前面×1、背面×2)、eSATA×1(背面)  
外形寸法 210(D)×60(W)×182(H)mm  
重量 約 1.2 kg  
電源 外部ACアダプター(100~240V)  
消費電力 省電力モード:6.6W、動作時:14.4W  
省電力設計 ファンレス、HDDスリープ・モード ファン音がしないのは嬉しい。筐体はカイロのように温かくなる。

マルチメディアステーション

マルチメディアステーション - QNAP TS-109ProII
デジカメの写真をコピーしておくと、自動的にサムネイルを作成してくれる「マルチメディアステーション」――このアプリケーションの完成度は高い。

Qmobile

Qmobile
ファームウェアをバージョン 3.3.0 にアップデートすることで、iPad を漬かってマルチメディアデータ(/Qmultimedia フォルダ配下)にアクセスできる iOS アプリ「QMobile」(無料)が利用できる。早速インストール。

MPEG-4 ビデオ(720P程度)や MP3 ミュージックをサクサク再生できる。日本語ファイル/フォルダ名を一覧表示することもでき、使い勝手も良い。。

PHP, MySQL など

アプリケーション - QNAP TS-109ProII
前述のように、Web サーバ(Apache)や PHP、MySQL もプリインストールされている。
クライアントから QNAP の管理画面にログインし、「管理画面→アプリケーション」から種々のアプリケーションの ON/OFF などをコントロールできる。
Apache, PHP はデフォルトで稼働している。
もちろん、telnet や SSH も利用できる。

QPKG と ipkg による機能拡張

組み込み用Linux に関する知識があれば、ipkg を使ってさらに機能を拡張することができる。
まず、「管理画面→アプリケーション→QPKG プラグイン」に入り、右上の「QPKG の取得」ボタンをクリックし、Optware-ipkg をダウンロードする。圧縮されたパッケージファイルはクライアントにダウンロードされるので、解凍してから「インストール」タブをクリックし、インストールする。「QPKG インストール済み」タブに戻り、有効化する。

次に、ssh または telnet で QNAP にログインしたら、以下のようにコマンドを発行して ipkg のパッケージリストを最新のものに更新する。(Optware-ipkg をインストールすることで、"/opt/bin/" に PATH が通る)

$ ipkg update


これで ipkg にリストアップされている各種アプリケーションをインストールできるようになる。
残念ながら、TS-109 など ARM 系の QNAP には gcc が用意されていないが(ipkg によらないインストール方法については後述)、Perl や PEAR が用意されているのでインストールしてみた。

$ ipkg install php
$ ipkg install php-pear
$ ipkg install grep
$ ipkg install perl



PEAR パッケージは "/share/HDA_DATA/.qpkg/Optware/share/pear" にインストールされるようだ。
ただ、そのままでは使えないので、Apache とともに動作している php の php.ini にパスを通しておく必要がある。具体的には、vi などで "/mnt/HDA_ROOT/.config/php.ini" を編集し、次の 1行を追加する。

include_path = ".:/share/HDA_DATA/.qpkg/Optware/share/pear"


そして、Apache を再起動すれば PEAR が使えるようになる。

/mnt/HDA_ROOT/apache/bin/apachectl restart

gcc の導入

QNAP には C コンパイラがなく、QPKG や ipkg を使ってインストールすることもできない(後年発売された ATOM 系の QNAP であれば、ipkg でインストールできるらしい)。
そこで、組み込み Linux用に開発されている小規模 C ライブラリ uClibc をインストールしてみた。

まず、クライアントで http://uclibc.org/downloads/old-releases/ から "root_fs_arm.ext2.bz2" をダウンロード。解凍して出てくる ext2 イメージファイルを "Qweb/share" へアップロードする。このイメージファイルが ARM用の uClibc で、gcc なども含まれている。
(※)あらかじめ mkdir "/share/Qweb/share" でディレクトリを作っておく。他のディレクトリでも良いが、クライアント(ここでは Windows)のファイラーを使ってアクセスしやすい Qweb 配下に配置した。

QNAP にログインし、以下のコマンドを発行し、先ほどアップロードした ext2 イメージをマウントし、bash を uClibc のものに切り替える。

cd /share/Qweb/share
mkdir loopmount
mount -o loop root_fs_arm.ext2 /share/Qweb/share/loopmount
/mnt/ext/usr/sbin/chroot loopmount /bin/bash


これで gcc や make が使えるようになるので、小規模な開発だったら何とかなるだろう。
ただし、PHP や Perl は用意されていないので、PECL などのコンパイルはできない。
OS を Debian に差し替えれば利用できるようだが、かなり覚悟がいるので今後の課題としたい。

ソフトウェアスペック

項目 仕様 コメント
OS Linux embedded system  
ネットワーク TCP/IP、DHCPクライアント、DHCPサーバー、 CIFS/SMB、AFP、HTTP、HTTPS、FTP、DDNS、NTP、Jumbo Frame
ファイル・システム EXT3(Internal/external HDD)
FAT(External HDD)
NTFS(External HDD、read only)
 
対応クライアントOS Microsoft Windows 98/ME/NT/ 2000/XP/2003/Vista、Mac OS9/OSX  
Q-RAID1 USBまたはe-SATAで接続した外部HDDとミラーリングが可能。  
各種サービス ファイルサーバ(Windows ActiveDirectoryサポート)
FTPサーバ
iTunesサーバ
マルチメディアステーション
ダウンロードステーション
Webサーバ+PHP
MySQL + SQLiteサーバ
バックアップサーバ
リモートリプレイケーション
UPnPメディアサーバ(組み込みTwonkyMedia サーバー)
プリンタサーバ
さまざまなサービスが最初から組み込まれている。Linuxなので、さらに追加インストールも簡単。
(この項おわり)
header