Classic Shellで Windows 10のスタートメニューを変更

2015年8月 入手
Classic Shell
Windows 10ではスタートボタンが復活したものの、ライブタイルが邪魔である。
こんな時に便利なのが「Classic Shell」だ。スタートボタンを Windows 7風にしてくれるだけでなく、エクスプローラーも Windows 7 時代の機能に戻してくれる。
新しいユーザーインターフェースに慣れるまで、このソフトを入れておくと便利だろう。

同種のユーティリティは数多く出回っているが、Classic Shell は無償で、日本語にも対応している。
また、Windows 10 だけでなく、Windows Vista 以降のスタートメニューを Windows XP風にすることができる。

最新版は、Windows 10 Creators Update に対応した。
種別 ユーティリティ
価格 無償
動作環境 Windows Vista, Windows 7, Windows 8/8.1, Windows 10
製作者 ibeltchev
公式サイト http://www.classicshell.net/
最新バージョン 4.3.1(2017年8月12日)

日本語化

  1. 言語ファイルダウンロードページ から "ja-JP.DLL" をダウンロードする。
  2. "ja-JP.DLL" を "Classic Shell" のインストールフォルダ内にコピーする。
  3. スタートボタン上で右クリックし「設定」を選択する。
  4. 設定画面が表示される。
  5. 画面上部の「Show all settings」にチェック入れる。
  6. すべてのオプション項目が表示されるので、「Language」タブを開き、「ja-JP - 日本語(日本)」を選択 → 右下の「OK」ボタンをクリックする。
  7. 「Classic Start Menu を再起動させて下さい」というような内容のダイアログが表示されるので、「OK」ボタンをクリックする。
  8. スタートボタン上で右クリックし、「終了」を選択する。
  9. インストールフォルダ内にある "ClassicStartMenu.exe:blue" を実行する。
  10. これで日本語化が完了する。

スタートメニューの設定

スタートメニューを変更するには、"Classic Start Menu Settings" を実行する。
まず、画面上部の「全ての設定を表示する」にチェック入れる。
次に、タブ「スタートメニューの様式」で、「Windows 7 スタイル」にチェックを入れる。
Classic Shell
タブ「スキン」で、プルダウンから「Windows Aero」を選択する。
最後に、OK ボタンをクリックする。
Classic Shell
その他、お好みに応じて、スタートボタンやメニューの外観を変更できる。
スタートボタンを Windows 7風に変更する手順については、「【決定版!】 Classic Shell 導入方法と使い方についてのまとめ」の下の方にある「Classic Shell を用いた従来のスタートボタンを配置する方法」に詳しい。

ツイートから

参考サイト

(この項おわり)
header