防犯・監視用のウェブカメラがネットで丸見え

(1/1)
防犯・監視用のウェブカメラが、適切なセキュリティ対策がとられていないため、その 3 割がネット上で丸見えになっていたり、勝手に操作されたりしているそうです。

朝日新聞による調査

ウェブカメラ
朝日新聞は、無作為に選んだ約 125 万の IP アドレスから、2163 台のウェブカメラがネットに接続されていることを確認しました。その 35%にあたる 769 台が、パスワードを設定することによって第三者からのアクセスをブロックする対策をとっておらず、映像を見たり音声を聞いたりできたと報じています。

ウェブカメラが第三者に操作された可能性に気づいていた設置者もいました。勝手に動いて女性客の下半身からうなじまでを映し出したといいます。
国内最大手パナソニックでウェブカメラ事業を手がける担当者は、「パスワード設定の必要性が消費者に行き届いていなかった」と語っています。
キヤノンは、ホームページに「意図せぬ他者からのカメラへのアクセスを防ぐための注意事項」と題した情報を掲示。パスワードの設定や変更を呼びかけています。

監視カメラ900台がクラウドサーバーにDDoS攻撃

2014 年(平成 26 年)頃から、ロシアのサイト「Insecam」が、世界各地の監視カメラ約 2 万 8000 台について、現地の様子を大まかな座標付でストリーミング配信している。わが国の約 6000 台が公開されており、2 ちゃんねるなどで話題になっている。
Insecam は、初期設定の ID ・パスワードを使って、監視カメラの映像を横取りしているのだ。

監視カメラ900台がクラウドサーバーにDDoS攻撃

ネットワークセキュリティ機器メーカー Incapsula によると、世界で約 900 台のネットワーク監視カメラがマルウェアに感染し、ボットネットを構成。感染したカメラは特定のサーバーに対し、合計で 1秒間に 20000 回もの HTTP Get リクエストを送信する DDoS 攻撃を引き起こしているそうです。

感染したネットワーク監視カメラの多くは、きちんと設定されず工場出荷時のまま使用されていました。
また Incapsula によると、今回の例では感染を広げるために Telnet/SSH を受け付ける同種の機器を検索するため、これらの設定をデフォルトから改めることで、機器の DDoS 攻撃への加担を防止できると呼びかけています。
もし管理者が適切な設定をしていれば、このような問題は発生しなかったと考えられる。ただし根本的には、見つかった脆弱性に対してメーカーがきちんとセキュリティパッチを提供し、さらにユーザーに対し正しい設定方法の告知を徹底する必要がありそうです。

参考サイト

(この項おわり)
header