小豆島はフェリーが便利

2017年8月2日 撮影
小豆島
大きな写真大きな写真
(4800×1650 ピクセル, 2272 Kbyte)
小豆島 (小豆島) (香川県小豆郡)は、瀬戸内海に浮かぶ面積153.3km2の島で、瀬戸内海では淡路島に次ぐ広さである。瀬戸内海国立公園に指定されている。
厳密には、ギネス世界記録に認定されている、世界一狭い海峡「土渕海峡 (どふちかいきょう) 」によって 2 つの島に分かれている。
島の中心部には@星ヶ城ruby (ほしがじょう) という山があり、標高は 817 メートルと、瀬戸内海の島の中では最高峰である。

小豆島町土庄町 (とのしょうちょう) の 2町からなり、人口は約 2 万 8 千人。橋やトンネルで繋がっていない島としては、瀬戸内海で最大の人口を有する。1 日に発着するフェリーの本数も日本有数だ。

温暖な瀬戸内海式気候を活かし、1908 年(明治 41 年)、国内で初めてオリーブの栽培が始まった。土産物屋にはオリーブに関わる商品がずらりと並ぶ。

映画やテレビドラマになった壺井栄の小説『二十四の瞳』の舞台でもあるが、人口が多く近代化が進んでおり、本土でもお馴染みのコンビニやドラッグストアが立ち並ぶ。
通り過ぎただけだが、海水浴場は閑散としており、のんびりとビーチを楽しむのにいいかもしれない。

交通アクセス

  • JR高松駅から徒歩 10 分、高松港からフェリーで約 60 分
  • JR 岡山駅からバスで約 40 分、新岡山港からフェリーで約 70 分
  • JR 宇野駅から徒歩すぐ、宇野港からフェリーで約 80 分
  • JR 姫路駅からバスで 25 分、姫路港からフェリーで約 100 分
  • JR 三宮駅から徒歩 20 分、神戸新港からフェリーで約 180 分
小豆島 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header