ハチ公バスは渋谷区のコミュニティバス

忠犬ハチ公をイメージ
ハチ公バス
2005年12月11日 国立代々木競技場バス停 写真:ままぱふぅ
来年は戌年ということで、渋谷区のコミュニティバス「ハチ公バス」の写真を撮りに出かけた。本町・笹塚循環「春の小川ルート」と恵比寿・代官山循環「夕やけこやけルート」の 2 ルートがあり、料金はいずれも 100 円均一。
車体は、ムーバスなどの他のコミュニティバスに比べ小さく、渋谷の狭い路地でも入っていける。
ハチ公
2005年12月11日 渋谷駅 写真:パパぱふぅ
バスの正面を撮って気になったので、渋谷駅前まで行って確認したところ、たしかにハチ公の左耳は折れていた。きめ細かなキャラクタ・デザインである。

現在、渋谷駅前にあるハチ公の銅像は、1948 年(昭和 23 年)に再建された 2 代目にあたる。
初代の忠犬ハチ公像は、1934 年(昭和 9 年)3 月 10 日に除幕式が行われた。ハチ自身も出席した(黄寅吉さん、情報提供をありがとうございました)。ハチはちょうど 1 年後の 1935 年(昭和 10 年)3 月に死去し、ハチ公像の周囲は花環で埋まったという。

初代ハチ公像は、終戦の前日、1945 年(昭和 20 年)8 月 14 日に金属供出のために溶解された。機関車の部品として東海道線を走ることになる。
ハチ公バス
2005年12月11日 国立代々木競技場バス停 写真:ままぱふぅ
ハチ公バス
2005年12月11日 国立代々木競技場バス停 写真:ままぱふぅ
この日は、「春の小川ルート」に乗って笹塚駅を通って一周したのだが、1 時間強のルートである。長い‥‥。
横から見るとタイヤが小さいのが分かる。乗り心地は、それなりである。さすがに 1 時間は疲れる‥‥。

バス停も、左のように特徴のあるものになっている。
ハチ公バス
2013年5月1日 渋谷駅 写真:ままぱふぅ
PASMO などの IC カードが使用できるが、東京都シルバーパスは使用できない。

運行は、東急トランセ、京王バス東、フジエクスプレスに委託している。
車両は、ムーバスと同様、ポンチョ(日野自動車)を使用しており、渋谷の狭い路地でも入っていける。
ハチ公バスの大きな写真大きな写真
(1981×1920 ピクセル, 936 Kbyte)
ハチ公バス
2013年5月1日 渋谷駅 写真:ままぱふぅ
2003 年(平成 15 年)3 月に運行開始した、夕やけこやけルートの初代ポンチョ車両は、2008 年(平成 20 年)3 月に 2 代目ポンチョに置き換えられた。
ハチ公バスの大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 645 Kbyte)
ハチ公バス
2013年5月1日 渋谷駅 写真:ままぱふぅ
一般公募で、渋谷駅前の待ち合わせスポットとしても有名な忠犬ハチ公に因んだ愛称となった。
ハチ公バスの大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 696 Kbyte)
路線は 4 つあり、バスの色が異なる。
  1. 恵比寿・代官山循環(夕やけこやけルート)(赤色)
  2. 丘を越えてルート(上原・富ヶ谷ルート) (オレンジ色)
  3. 本町・笹塚循環(春の小川ルート)(オレンジ色)
  4. 神宮の (もり) ルート(神宮前・千駄ヶ谷ルート)(青色)
ハチ公 関連
(この項おわり)
header