C11形蒸気機関車は新橋駅前に静態保存

鉄道100周年を記念して設置
C11形蒸気機関車
2001年10月6日 新橋駅 写真:パパぱふぅ
C11 形蒸気機関車は、国鉄の前身である鉄道省が製造した過熱式のタンク式蒸気機関車である。1932 年(昭和 7 年)から 1947 年まで 381 両が製造された。

新橋駅前に静態保存されている写真の 292 号機は、1945 年(昭和 20 年)の製造である。
C11形蒸気機関車
2001年10月6日 新橋駅 写真:パパぱふぅ
1972 年(昭和 47 年)10 月 14 日、鉄道100 周年を記念して新橋駅前に設置された。

2006 年(平成 18 年)10 月現在、工事のためビニールで覆われている。工事期間は 11 月 20 日まで。
塗り直しが目的と書かれていたが、ビニールで厳重に密封されているところを見ると、アスベストが検出されたのではないだろうか。
C11形蒸気機関車
2019年6月22日 会津田島駅 写真:こぱふぅ
こちらは、会津田島駅に保存されている 254 号機。
1944 年(昭和 19 年)1 月に製造され、1974 年(昭和 49 年)まで会津地方の路線で活躍していた。
C11形蒸気機関車の大きな写真大きな写真
(1920×1475 ピクセル, 1141 Kbyte)
C11形 関連
(この項おわり)
header