台湾鉄路管理局TEMU2000型電車は車体傾斜システム採用

日本車輌製造・住友商事連合が設計・製造
台湾鉄路管理局TEMU2000型電車
2019年9月18日 彰化駅 写真:こぱふぅ
台湾鉄路管理局 TEMU2000 型電車は、東海道新幹線N700 系などに搭載されている車体傾斜システムを採用し、日本車輌製造・住友商事連合が設計・製造したもので、2013 年(平成 25 年)2 月にデビュー。8 両編成 136 両を製造した。
台湾鉄路管理局TEMU2000型電車の大きな写真大きな写真
(1920×1337 ピクセル, 1125 Kbyte)
台湾鉄路管理局TEMU2000型電車
営業最高速度は 140km/h。車体はアルミニウム合金。
先頭車両が赤いことから、現地では紅面番鴨 (ノバリケン) と呼ばれている。
台湾鉄路管理局TEMU2000型電車

参考サイト

(この項おわり)
header