キハ56系は急行形気動車

客室窓が小さくして保温
キハ56系気動車
2013年8月14日 小樽市総合博物館 写真:こぱふぅ
キハ 56 系は、国鉄が北海道向けに 1961 年(昭和 36 年)から製造を始めた急行形気動車である。それまで蒸気機関車の牽引する客車急行列車が主流であった北海道において、速度向上や設備改善に実績を挙げた。
キハ56系気動車の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 606 Kbyte)
本州を走るキハ 58 系に比べて客室窓が上下左右とも 10cm ほど小さく、二重窓となっている。保温性を重視しているためだ。内窓には初めて FRP製の窓枠を採用した。
暖房はエンジン冷却水利用の温水暖房となっている。
2002 年(平成 14 年)までに全車が運用を離脱し、形式消滅となった。
(この項おわり)
header