JR西日本 キハ47形は出力が低いが山陰本線では現役

登坂時には時速30キロを下回るも

山陰本線

山陰本線 キハ47形
2016年3月21日 黒井村駅~梅ヶ峠駅 写真:こぱふぅ
キハ 40 系気動車は、老朽化したキハ 17 系などの旧型を置き換えるために開発され、1977 年(昭和 52 年)から普通列車用に製造された国鉄の気動車である。1982 年(昭和 57 年)までに計888 両が製造され、全国各地の非電化路線に投入された。
山陰本線 キハ47形の大きな写真大きな写真
(2560×1800 ピクセル, 2171 Kbyte)
山陰本線 キハ47形
2016年3月21日 黒井村駅~梅ヶ峠駅 写真:こぱふぅ
たいへん頑丈な車体で、現在でも JR 各社で活躍している。
キハ 40 形は両運転台、キハ 47 形は片運転台・両開き扉、キハ 48 形は片運転台・片開き扉、キハ 147 形(JR 九州)は高出力エンジンに改造したものという区分がある。
山陰本線 キハ47形の大きな写真大きな写真
(2560×1891 ピクセル, 2591 Kbyte)
山陰本線 キハ47形
2013年8月29日 出雲市駅 写真:こぱふぅ
出力が低く、登坂時には時速30 キロを下回るような有様である。山陰本線は意外と勾配が少ないので、現在でも活躍できているのだろう。
山陰本線 キハ47形の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 596 Kbyte)
山陰本線 キハ47形
2017年8月14日 浜坂駅 写真:こぱふぅ
山陰本線 キハ47形の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1322 Kbyte)
山陰本線 キハ47形
2012年12月14日 鳥取駅 写真:こぱふぅ
山陰本線 キハ47形の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 1241 Kbyte)
山陰本線 キハ47形
2006年7月21日 米子駅 写真:パパぱふぅ

みすゞ潮彩

みすゞ潮彩 キハ47形
2016年3月21日 黒井村駅~梅ヶ峠駅 写真:こぱふぅ
みすゞ潮彩は、アールデコ調に統一されたレトロな観光列車だ。山口県長門市出身で、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した童謡詩人、金子みすゞにちなんで名付けられた。2007 年(平成 19 年)7 月デビュー。運行にはキハ 47 形が用いられている。2017 年(平成 29 年)1 月 29 日に運行終了した。
みすゞ潮彩 キハ47形の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2012 Kbyte)

山陽本線

山陽本線 キハ47形
2016年3月15日 岡山 写真:こぱふぅ
山陽本線 キハ47形の大きな写真大きな写真
(2560×1633 ピクセル, 2046 Kbyte)
山陽本線 キハ47形
2006年7月23日 新山口駅 写真:こぱふぅ
山陽本線 キハ47形の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 380 Kbyte)
キハ47関連
(この項おわり)
header