京王線 5000系電車はローレル賞受賞

京王線を象徴する車両
京王線 5000系電車
2014年11月4日 京王れーるランド 写真:こぱふぅ
5000系は、1963年(昭和38年)の京王線1500V昇圧化にともなって導入された。1969年(昭和44年)まで155両が製造された。
アイボリーにエンジの帯を巻き、ボディもスピード感あふれるスマートなデザインで、京王線が路面電車由来の軌道線から本格的な都市鉄道への脱皮を果たしたことを象徴する車両である。1963年(昭和38年)10月に登場した特急に重点的に導入された。

1964年(昭和39年)の鉄道友の会ローレル賞を受賞。
京王線 5000系電車の大きな写真大きな写真
(2040×2560ピクセル, 2237 Kbyte)
京王電気軌道 400形電車
2014年11月4日 京王れーるランド 写真:こぱふぅ
1968年(昭和43年)には通勤形電車としては、関東で初めて冷房設備を搭載した。
定員138人(座席定員48人)、全車重量26.2t、全長18.0m。普通鋼製車体。

写真の5723号車は、1969年(昭和44年)6月に営業運転を開始し、1996年(平成8年)12月の引退まで実に27年間運用されたものである。
京王電気軌道 400形電車の大きな写真大きな写真
(1707×2560ピクセル, 1771 Kbyte)
京王電鉄京王電鉄 関連
(この項おわり)
header