上信電鉄500系が「ぐんまちゃん列車」にラッピング

西武鉄道 新101系電車を改造

ぐんまちゃん列車

ぐんまちゃん列車 - 上信電鉄 500系
2016年9月11日 高崎駅 写真:こぱふぅ
上信電鉄 500 系は、西武鉄道の 新 101 系電車を改造したもので、2005 年(平成 17 年)にデビューした。ワンマン運転やバリアフリーに対応している。2 両 2編成が在籍している。
ぐんまちゃん列車 - 上信電鉄 500系の大きな写真大きな写真
(2560×1815 ピクセル, 1923 Kbyte)
ぐんまちゃん列車 - 上信電鉄 500系
2016年9月11日 高崎駅 写真:こぱふぅ
2015 年(平成 27 年)12 月 27 日、上信電鉄株式会社が創立120 周年を迎えることを記念し、ゆるキャラグランプリ 2014 で優勝した群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」をラッピングした「ぐんまちゃん列車」の運行を開始した。第1編成(クモハ 501 ・クモハ 502)がラッピング車両である。

運行期間は「当分の間」で、1 日あたり 3~4 往復の運行が予定されている。運行時刻は不定期という。
ぐんまちゃん列車 - 上信電鉄 500系
車内も改造され、乗務員室後部の二人掛け席を撤去して、非常ボタン付の車椅子スペースを設置した。つり革の高さも一部変更している。

ワンマン化に伴い、整理券発行機、運賃表示器、運賃箱などを設置した。
ぐんまちゃん列車 - 上信電鉄 500系
高崎市は、日本の地方オーケストラの先駆けとして知られる群馬交響楽団を生んだ土地として、「音楽のある街、高崎」と銘打っている。
ぐんまちゃん列車 - 上信電鉄 500系
運転席の後ろには、制服を着たぐんまちゃんが。
ぐんまちゃん列車 - 上信電鉄 500系
車内の至る所に、ぐんまちゃんが。
富岡しるく - 上信電鉄 500系
車体には鉄道むすめの一人で、上信電鉄株式会社・駅務掛という設定の富岡しるくも描かれている。
上信電鉄 関連

参考サイト

(この項おわり)
header