伊予鉄道 3000系は元京王井の頭線 3000系

制御系をVVVFインバータ制御に改造
伊予鉄道 3000系
2020年1月19日 伊予市駅 写真:こぱふぅ
3000 系電車は、伊予鉄道の通勤型電車である。1962 年(昭和 37 年)に導入された京王井の頭線3000 系のうち 1983 年(昭和 58 年)に製造した最終グループ計30 両購入し、2009 年(平成 21 年)8 月より営業運転を始めた。3 両編成。
伊予鉄道 3000系の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2102 Kbyte)
伊予鉄道 700系
2020年1月19日 伊予市駅 写真:こぱふぅ
老朽化が進む800 系700 系の置き換えを目的としている。

京王線井の頭線は京王本線より軌間が狭く、伊予鉄道の 1,067mm と同じである。軌間変更の必要はなかったが、制御系は、界磁チョッパ制御から IGBT素子による VVVF インバータ制御に改造された。

車内の座席はロングシートで、京王電鉄時代と変わらない。
2017 年(平成 29 年)からオレンジ単色に塗装変更している。
伊予鉄道 関連
(この項おわり)
header