谷町線 22系で冷房率向上

VVVFインバータ制御を導入
谷町線 22系
2006年3月7日 東梅田駅 写真:こぱふぅ
22 系電車は、大阪メトロ(旧・大阪市交通局)の地下鉄用通勤形電車である。1990 年(平成 2 年)、冷房率向上を目指して谷町線と四つ橋線に投入する新型車両「新 20 系」として開発された。
30 系および 50 系の交換車両として 1998 年(平成 10 年)まで製造された。車体デザインは大幅に変わったが、基本性能は 20 系を踏襲しつつ、VVVF インバータ制御を導入した。
御堂筋線用は 21 系、谷町線用は 22 系、四つ橋線用は 23 系、中央線用は 24 系、千日前線用は 25 系と呼ばれている。
谷町線は、1967 年(昭和 42 年)3 月 24 日に開業し、当初は 2 号線と呼ばれていた。大阪市中心部では官庁街や寺院の多い谷町筋の地下を走ることから、高僧の袈裟の色に由来する京紫(ロイヤルパープル)をラインカラーとしている。
東梅田駅と梅田駅・西梅田駅の間ではいったん改札を出なければならないが、30 分以内に乗り換えれば追加料金はかからない。

2006 年(平成 18 年)2 月 1 日より IC カード乗車券「PiTaPa(ピタパ)」が大阪市営地下鉄でも使えるようになった。同時に JR西日本の「ICOCA」でも乗車できるようになった。ICOCA は JR 東日本でも利用できるので、IC カード乗車券としての汎用性は「Suica」を上回っている。
大阪市営地下鉄関連
(この項おわり)
header