都営新宿線 10-300形はJR東日本E231系をベースに設計

2004年にデビュー
都営新宿線 10-300・10-300R型
2007年2月4日 調布駅 写真:こぱふぅ
都営新宿線 10-300 形は 2004 年(平成 16 年)にデビューした。
通勤形電車として標準的な全長20 メートル級・ 4 扉車体の軽量ステンレス製で、JR 東日本のE231 系で採用された設計技術をベースにしている。

8 両編成すべてが新造車の 10-300 形と、先頭車両のみ新造車で中間車は既存の 10-000 形である 10-300R 形の 2 つに大別される。
都営新宿線 10-300形
2006年5月28日 調布駅 写真:こぱふぅ
8 両固定編成で、VVVF インバーター制御方式で、京王線に乗り入れている。
この電車の登場によって、10-000 型 1 ・ 2 次車は廃車される予定だ。
(この項おわり)
header