archaeological site

古代遺跡

意味

archaeological site = 古代遺跡
古代遺跡。

パルミナ遺跡(Site of Palmyra)は、1980 年(昭和 55 年)に登録されたシリアの世界遺産(文化遺産)である。首都ダマスカスの北東約 230km、シリア砂漠の中央にあるローマ帝国の属州時代の都市遺跡。
「パルミラ」はここを支配したギリシア人が名づけたもので、古名は現在のアラブ名と同じ「タドモル」だった。
この地域はローマ帝国領だった紀元前 1~後 3 世紀までは、シルクロードの隊商都市として発展した都市国家だったが、3 世紀半ば、ローマ帝国の混乱に乗じて、パルミラ王国が建国された。しかしローマからの分離・独立を図ったゼノビア女王は、ローマ軍の捕虜になり王国は滅亡、都市は廃墟となった。
その後は、東ローマ(ビザンチン)帝国やイスラム帝国の要塞として使われ、今日に至る。
遺跡はローマ帝国時代のものがほとんどで、凱旋門、列柱付き大通り、コリント式の円柱に囲まれたベル神殿、半円形のローマ劇場、公共浴場、墓地の谷などがあるが、2011 年(平成 23 年)以降に内戦状態になったシリアで治安の悪化が進み、少なくとも 4 基の墓の彫像や石棺などの盗掘が確認され、2013 年(平成 25 年)に危機遺産リストに記載された。

例文

Syrian television reported that government troops had entered the territory of the Palmyra historical and archaeological site.
シリアのテレビは、政府軍がパルミラの史跡や古代遺跡地域に進軍したと伝えた。

参考サイト

(この項おわり)
header