augmented reality

拡張現実

意味

augmented reality = 拡張現実
拡張現実。

拡張現実とは、現実世界の物事に対してコンピュータによる情報を付加することである。または、そのようにしてコンピュータによる情報が付加された世界のことである。

拡張現実は、仮想現実(バーチャルリアリティ)と対比される。
仮想現実は、現実にはないものをコンピュータによってあたかもそこにあるかのように知覚させる技術である。これに対して、拡張現実は、現実に存在するものに対してコンピュータが情報をさらに付与し、さらに強い・深い知覚を可能にするものであると言える。

iPhone アプリ「セカイカメラ」が登場し、一般公開されたことなどにより、拡張現実は広く知られる概念になっている。

例文

Pokemon Go is an augmented reality game on smartphones which already has millions of people worldwide obsessively capture small creatures in public spaces.
ポケモンGOは、世界の何百万人もの人が公共の場所で小さな生き物を捕まえるのに夢中にさせている、スマートフォン用の拡張現実ゲームだ。

参考サイト

(この項おわり)
header