電子マネー「Edy」とICカードの干渉

2004年7月 入手
電子マネー「Edy」
先日出張でANAに乗った際、航空券の半券でビッグマック 1 個か電子マネー 1,000 円分がチャージされるというキャンペーンがあった。この場合、当然のことながら「現金」である。
そこで、手持ちの ANA のマイレージカードを電子マネー「Edy(エディ)」付きのものに変更した。
カードの保証金500 円は、SuicaICOCAで経験済み。いずれも Sony の FeliCa カードだということも承知している。まあ、新規ビジネスへの出資ということで、納得することにしている。

新しいカードが手元に届いたのは 3週間後。早速、半券をもって 1,000 円をチャージしようとしたところ、羽田空港の ANA ショップまで行かなければいけないことが判明。交換期限まであと1ヶ月。出張がない限り、羽田へ行く用事はない。ったく‥‥。

それはともかく、最近は Suica で買い物をすることも多いが、am/pm をはじめ、Edy 対応の店も多い。果たして Edy を使う機会はあるのか!?

ためしに Edy を Suica と一緒に JR の自動改札を通したところ、干渉はなかった。この点は ICOCA より数段マシである(※)。定期入れに入れておくことができる。
(※)Suica が運賃を精算する時は電子マネーとは別領域であるが、バスは Edy と同じ電子マネー領域を使うために干渉する。また、Suica と ICOCA は同じ領域で生産するために干渉する。
2013 年(平成 25 年)現在、定期入れから Suica を取り出して東京モノレールに乗車し、定期入れから ANA マイレージカードを取り出して航空機に搭乗する――IC カード時代に逆戻りしている。
(この項おわり)
header