双眼鏡「アリーナ M8×21」でバードウォッチング

2004年10月 購入
双眼鏡「アリーナ M8×21」
こぱふぅ東京港野鳥公園でバードウォッチングをするということで、双眼鏡を購入することになった。

ぱふぅ家には本格的な双眼鏡はあるが、重すぎて三脚が必須のため却下されてしまった。先日購入したデジタルビデオ用の 2.2 倍テレコンバータもダメとのこと。
まあ、光学三種の神器――望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡――は技術者の嗜みであるから、今から揃えておいても損は無かろう。
関連商品icon
そんなこんなで購入したのは、老舗メーカー「ビクセン」の小型軽量双眼鏡「アリーナ M8×21」。こぱふぅの手にジャストフィットサイズで、これなら手持ちでも疲れないだろう。
価格は 5,600 円――安い。ただし三脚取り付けは不可能。ソフトケースとハンディストラップは付属するが、ネクストラップは無い。

主要スペック

項目 仕様 コメント
倍率 8倍 バードウォッチングには十分
対物レンズ有効径 25mm  
実視界 6.3°  
ひとみ径 3.1mm
明るさ 9.6 意外に明るい。
眼幅 約56~74mm  
サイズ 高さ10.1×幅11.0×厚さ4.8cm 子ども女性の手にジャストフィット
重さ 300g  
付属品 ソフトケース、ストラップ(ナロー)  
(この項おわり)
header