『セキュリティはなぜ破られるのか』――入り鉄砲と出女

岡嶋裕史=著
表紙 セキュリティはなぜ破られるのか
著者 岡嶋裕史
出版社 講談社
サイズ 新書
発売日 2006年07月
価格 946円(税込)
ISBN 9784062575249
結論からいうと、完全な識別や認証のしくみは存在しません。(108 ページ)

概要

バックドアのイラスト(パソコン)
入り鉄砲と出女にセキュリティシステムの本質がある」(74 ページ)とは上手い表現である。外部からの攻撃に対処し、内部から大切なものが出ていかないように監視する――ファイアウォールのような境界線防御の基本だ。
本書は、分かりやすい比喩や実例をまじえながらセキュリティの基本について解説している。もちろん、セキュリティの限界をわきまえた上での解説となっている。

セキュリティについて疎い上司や顧客を説得するときに役立つだろう。
(2007 年 12 月 10 日 読了)

参考サイト

(この項おわり)
header