『ちょいデキ!』――仕事は「太極拳」で

青野慶久=著
表紙 ちょいデキ!
著者 青野慶久
出版社 文藝春秋
サイズ 新書
発売日 2007年09月
価格 803円(税込)
ISBN 9784166605910
ポジティブにも、ネガティブにもならなくていい。ただ事実をニュートラルに受け止めれば、落ち着いていられる。(52 ページ)

概要

太極拳のイラスト(男性)
仕事のやり方は「北斗神拳」ではなく「太極拳」がいい――有名なグループウェア「サイボウズ」の社長、青野慶久 (あおの よしひさ) 氏が、仕事は「ちょいデキ」でいいじゃないかと若者に語りかけてくる。

私たちの先輩は、高度経済成長の波に乗ってイケイケドンドンだった。そしてバブルが弾けた。その後に入社してきた青野氏をはじめとする後輩たちは‥‥「ちょいデキ」が主流派なのかもしれない。
顧客との信頼を旨とする「ちょいデキ」は良いことだと思う。どうあがいても、かつてのような成長が望めないビジネス界では、リスクを低くする方に流れるのは当然である。
そして、「ポジティブにも、ネガティブにもならなくていい。ただ事実をニュートラルに受け止めれば、落ち着いていられる」(52 ページ)のも確かだ。

まあ、21 世紀の仕事はそれで良しとしましょう。でも、自分の人生は「ちょいデキ」で良いですか?
恋愛、結婚、出産、育児、家族の死――信頼もあれば裏切りもあり、結構ダイナミックで、その人しか味わえないことも多いわけで――これはもう一子相伝の「北斗神拳」である。

私もビジネスとプライベートを切り分けず、「24 時間、365 日、全部、私の時間」(73 ページ)だと考えている一人ではあるが、その時間を「ちょいデキ」に使おうが、天命との闘いに投じようが、それもまた自分の自由だと思う。
願わくば、「我が人生に一片の悔いなし」という最期を迎えたいものである。
(2008 年 8 月 14 日 読了)

参考サイト

(この項おわり)
header