ポータブルスピーカー「Leθ portable」は低音の迫力

2008年11月入手
ミニノート PC「C101」を購入した際、“オマケ”として、ポータブルスピーカー「Leθ portable」(ル・シータ・ポータブル;LX-1J)が付いてきた。ソーテック(SOTEC)は、2007 年(平成 19 年)7 月、オンキョー(ONKYO)の完全子会社になっていた。その関係であろう。
関連商品icon
ポータブルスピーカー「Leθ portable」
1.5W×2 のパワーアンプ内蔵で、入力はステレオミニプラグ。
“オマケ”とはいえ、オンキョー製品、音質に手抜かりはない。

スピーカー・コーンはむき出しで、独特のくぼみ(SD ホーン)を有する。
持ち運ぶときは、写真のように蓋をする。この蓋はアコースティックキャップと呼ばれており、スピーカー使用時には本体下部にはめ込むことにより、SD ホーンとの相互作用により低音域の再生を可能としているという。
ポータブルスピーカー「Leθ portable」
写真をご覧いただくと、アコースティックキャップの側面に穴が開いているのが見えるだろう。これが、音をうまく逃がしているのである。本体内部にも音を脱がすための通路が作り込まれている。

実際、コーンの直径は 20 ミリ程度と、大型ノート PC に内蔵されているものと大差ないのだが、低音域の再現力は段違いである。
このアコースティックキャップは、埃よけにもなる。
設置方式を変えることができるのもユニークだ。
縦置きと横置きではスピーカーの左右が逆転するため、本体底部に左右の切替スイッチが付いている。

電源は、付属の AC アダプタのほか、単三形乾電池 4 本を内蔵することができる。
携行性に配慮し、ステレオミニプラグ・ケーブルをアコースティックキャップに収納することができる。この他にキャリングケースが付属する。

主要スペック

項目 仕様
形式 アンプ内蔵フルレンジバスレフ型
定格周波数範囲 100Hz ~ 50kHz
実用最大出力 1.5W + 1.5W ( 4Ω , JEITA )
入力インピーダンス 75kΩ
使用スピーカー 3cmドライバー × 2
電源 100V (専用ACアダプター)
単三形乾電池×4
消費電力 1.5W (専用ACアダプター使用時)
外部入力端子 アナログ入力 × 1 (φ3.5mm ステレオミニ)
外形寸法 再生時: 170( W ) x 123.5( H ) x 54( D ) mm
質量 0.4kg
(この項おわり)
header