『“環境問題のウソ”のウソ』――リサイクル工場に風評被害?

山本弘=著
表紙 “環境問題のウソ”のウソ
著者 山本弘
出版社 楽工社
サイズ 単行本
発売日 2008年01月
価格 1,320円(税込)
rakuten
ISBN 9784903063164
最も強力な温暖化ガスは、実は C02ではなく水蒸気である。(ページ 300)

概要

地球温暖化のイラスト「汗をかく地球のキャラクター」
お馴染み「と学会」会長の山本弘さんが、「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」(武田邦彦/洋泉社/2007 年 3 月)の内容がデタラメであることを解説している。例によって、微に入り細に入り同書の間違いを指摘してする――今回は大人げないのではないかと思うほどの攻撃であるが、後半で、ペットボトルのリサイクル工場に関する取材を読むと、その理由も頷ける。工場は真っ当に仕事をしているにもかかわらず、同書による風評被害を受けているようなのだ。その下りは本書を読んでいただくとして――。
私は温暖化懐疑論レベル2の人間である。そして、著者と同じ年代の子どもを持つ親として、「衛星軌道から撮影された『青い北極』」を見たときの子どもの顔を想像してしまうのである。

家内は台所で毎日、ペットボトルのラベルを剥がし、1 本 1 本を洗い、乾かし、潰してリサイクルに回すという地道な作業に追われている。会社のゴミ箱にポイっと捨てている私たちサラリーマンに比べたら、何と貴い作業であることか。
(2008 年 10 月 28 日 読了)

参考サイト

(この項おわり)
header