『ワスプ』――現代日本人にも通じる気質

越智道雄=著
表紙 ワスプ
著者 越智道雄
出版社 中央公論新社
サイズ 新書
発売日 1998年09月
価格 836円(税込)
ISBN 9784121014351
先祖が自分たちを疎外するので棄ててきたイギリスの社会体制を、新世界に再生させ、今度は自らが他民族を疎外するーとの複雑な〈集団的トラウマ〉を自己欺隔で隠蔽することが、ワスプのノイローゼや感情欠落を惹き起こした。そこでワスプのアッパーミドルやアッパーの間に、精神分析を受けることが大流行したわけだが、差別してきたュダヤ系医師の厄介になる光景は滑稽だった。(172 ページ)

概要

白人男性の表情のイラスト
アメリカ合衆国のエスタブリッシュを形成する WASP (ワスプ) ――White(ホワイト)、Anglo-Saxon(アングロサクソン)、Protestant(プロテスタント)――は、個人主義や自由主義をモットーとしてはいるものの、その根本は日本人に究めて近いようだ。目立たず、公共を重視し、奇妙な仲間意識を大切にする
反共運動(赤狩り)やウーマンリブ運動は、実は、そんな WASP への抵抗運動の一環だったと著者は分析する。現代日本にも相通じるような話であり、考えさせられるものがある。
本書では、典型的な WASP 一家であるブッシュ家にも言及されている。本書から 10 年後、ブッシュ息子が大統領を務めている事典で出版された『なぜアメリカ大統領は戦争をしたがるのか?』(越智道雄/アスキー・メディアワークス/2008 年 05 月)も参考になる。
(2008 年 8 月 12 日 読了)

参考サイト

(この項おわり)
header