XnViewで画像管理

2008年6月 入手
XnView は多機能画像ビューワだ。標準で日本語対応。
BMP、JPEG、PNG はもちろん、500種類以上の画像フォーマットに対応している。デジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」の RAW フォーマットや、医療分野で使う DICOM にもネイティブで対応しており、何かと重宝する。
種別 ユーティリティ
価格 個人利用、教育利用は無料。寄付歓迎。
商用利用は26ユーロから。
動作環境 Windows 32bit / 64bit,Mac OS X 64bit,Linux 32bit / 64bit
製作者 XnSoft
公式サイト http://www.xnview.com/
最新バージョン 2.46(2018年09月06日)
関連商品icon
XnView
ビューワ画面は上図のように、フォルダツリー、サムネイル、プレビューの 3 ペイン構成になっている。選択したフォルダ内の画像をサムネイル形式で一覧し、画像を選ぶとプレビューペインいっぱいの大きさで選択画像が表示される。

また、編集モードでは、トリミングやリサイズ、明るさ・コントラストの自動調整などが行える。そのほか、画像形式の変換、画像取り込み、Exif 情報の編集、一括リネーム、ファイルリスト作成、HTML アルバム生成など数多くのツール機能を備えている。ツール機能は、コンテキストメニューから利用することもでき、これが便利である。
XnView
ツール機能は XnShell としてコンテキストメニューから利用することもできる。

主要機能

項目 仕様 コメント
表示 スライドショーなど  
変換 回転、反転、サイズ変更、トリミング、メタデータ消去、色の置換、透かし、文字列追加、画像形式、カラーバランス、コントラスト、シャドウ・ハイライト、ソラリゼーション、ネガポジ反転、正規化、明るさ、各種フィルタ 一括処理ができ便利
ファイル名変換 ルールに基づく返還、連番変換  
キャプチャ    
エクスポート 動画フレームに対応  
作成 Webページ、コンタクトリスト、ファイル一覧など  

参考サイト

(この項おわり)
header