『新幹線から経済が見える』――世の中を主観的に見てみる

小宮一慶=著
表紙 新幹線から経済が見える
著者 小宮一慶
出版社 祥伝社
サイズ 文庫
発売日 2009年07月
価格 607円(税込)
rakuten
ISBN 9784396314880
ミクロを積み上げたものがマクロですが、マクロを割り算したところでミクロにはならないのです。(104 ページ)

概要

復元工事が進む東京駅
復元工事が進む東京駅 2011年1月7日
著者は経営コンサルタントとして、「具体的にモノを見る、具体的に指示をする」(74 ページ)アドバイスをしているという。その言葉の通り、本書は、新幹線の車窓から見える「現実」をベースに経済の解説をしている。東海道新幹線に乗ったことのある方なら誰でも「なるほど」と感じる内容となっている。
たとえば、東京駅や品川駅で「ビル工事のクレーン」が見える限り、地価の下落は続く。グリーン車で隣に座る乗客がいるかどうかで景気が分かる。

メディアのコメンテーターはマクロ経済で語る傾向があるが、「ミクロを積み上げたものがマクロですが、マクロを割り算したところでミクロにはならない」(104 ページ)は説得力がある。
(2010 年 1 月 27 日 読了)

参考サイト

(この項おわり)
header