在宅勤務におけるセキュリティ対策

(1/1)
テレワークのイラスト(女性)
2020 年(令和 2 年)、新型コロナ・ウイルス(COVID-19)の感染拡大を防ごうと、在宅勤務を実施する企業が増えています。
在宅勤務では、事業所勤務とは異なるセキュリティ対策が求められます。ここでは、対策方法を 5W1H で整理してみます。

Why(なぜ)?

辞令のイラスト
まず、会社は従業員に在宅勤務を命じる理由を明らかにしましょう。

就業規則に規定されていればいいのですが、そうでなくいても、事態の緊急性を鑑みて、役員がしかるべき業務命令文書を発行すべきでしょう。

Who(誰が)?

自宅待機のイラスト(男性)
在宅勤務するのは命令を受けた従業員です――当たり前にことですが、ただ、自宅で仕事をするということは、家族が業務内容を見聞きする可能性があります。

自室があればいいのですが、リビングで仕事をしなければならない人もいるでしょう。仕事中は話しかけない、仕事の内容を聞かないなど、家族と最低限のルールを作っておきましょう。

Where(どこで)?

2階建て一軒家
これも当たり前のことですが、仕事をする場所は自宅です。在宅勤務とテレワークは違います

セキュリティを担保するには、場所を特定するのが重要になります。在宅勤務は、文字通り自宅での勤務で、近所の飲食店や喫茶店はもちろん、帰省先の実家で仕事をするのもNGです。その場合は休暇を取ってください。

When(いつ)?

時計のイラスト
業務時間は定時に設定するのが無難です。

というのは、セキュリティ事故を含む、何らかのトラブルが発生した場合、会社からの支援が必要になるからです。
また、在宅勤務者の健康管理に配慮し、会社側は超過勤務を求めるべきではありません。

What(何を) ?

情報交換のイラスト
どの情報資産を持ち帰ることを認めるか、会社側が決めなければなりません。

会社として情報資産管理台帳が整っており、公開情報、社外秘、部外秘、機密などの機密レベルの識別ができていればいいのですが、そうでなければ、急いで分類をしましょう。これなくして在宅勤務をさせ、万が一、情報漏洩が起きてしまうと、会社も従業員も、ともに不幸な結果になってしまいます。
持ち出す情報資産は、機密レベルが低いほどいいのですが、社外秘や部外秘を持ち出さなければならない業務もあるでしょう。その場合は、鍵付きの書類鞄に入れて運ぶ、パスワードやドライブ暗号化が施されたノートパソコンを貸与するなどの手段が考えられます。

How(どのように)?

情報交換のイラスト
在宅業務のための道具、インフラを規定します。

たとえば、ノートパソコン、携帯電話(スマートフォン)、USB メモリなど、仕事道具は会社から貸与するのが無難でしょう。BYOD にするという考え方もありますが、セキュリティ・レベルを一定以上に保つという観点で、はじめて在宅勤務をさせる会社では貸与品にするのが安全です。
インターネット回線はどうしましょう――会社貸与のスマホやモバイルルータによるテザリングで賄える程度の容量であればいいのですが、1 日 100M バイト以上の転送量があるような仕事では、固定回線が求められるでしょう。
自宅に固定回線があれば、それを借用させてもらうなど、従業員と契約を結ぶことをお勧めします。公衆Wi-Fi はNGです。

参考サイト

(この項おわり)
header