FirefoxやMacも安全ではない

(1/1)
FirefoxやMacも安全ではない
Windows や IE だけがセキュリティ上の脅威が多いというわけではありません。Firefox や MacOS X、Apache、PHP といったソフトにも脆弱性が多くあることが分かってきました。
どんな環境でも、セキュリティ対策に手を抜くことはできないのです。

FirefoxやSafariはIEより脆弱性が多い

法人向けセキュリティサービスを提供する米Cenzic が 2009 年(平成 21 年)11 月 9 日に発表した「Web アプリケーションのセキュリティ動向報告書」によると、2009 年(平成 21 年)上半期は Web アプリケーション関連の脆弱性が増加し、ブラウザでは Firefox の脆弱性が最も多いという結果になりました。主なブラウザの脆弱性の比率は下記の通りです。
Firefox44%
Safari35%
InternetExplorer15%
Opera6%


また、2009 年(平成 21 年)上半期に報告された脆弱性のうち、Web サーバ、アプリケーション、ブラウザ、プラグイン、ActiveX など Web 技術に関するものは全体の 78%を占め、前年より大幅に増加しています。深刻な脆弱性が多かったものは、Sun Microsystems(Java)、IBM、PHP、Apache などです。

MacOS XやLinuxも安全ではない

こうなると、Apache や PHP を内包する MacOS X や Linux も安全とは言えなくなってきました。

2009 年(平成 21 年)11 月 9 日、Apple は MacOS X のセキュリティアップデートをリリースしました。58 件の脆弱性を修正する巨大パッチです。今回のアップデートの多くは「極めて重大」に分類されるアップデートばかりです。

2010 年(平成 22 年)4 月 20 日、米Symantec は、Apple ユーザーの間で写真の保管といった作業をオンライン企業のリモートサーバに移行する動きが進んでいることを挙げ、Mac 利用者も上級PC ユーザーが以前からやってきたのと同じように個人情報窃盗を防ぐ対策を取らなければならないと注意を促しています。
また、「『Mac を使っている(から大丈夫)』と考えている人がいる。彼らは確かに Mac を使っているが、クラウドの中にいるのだ」と同氏は指摘する。「ほかのユーザーと同じくらい気をつけなければならない」と指摘しています。

MacOS X や Linux が Windows に比べて安全だと言われていたのは過去の話で、これらの利用者が増え、ビジネス分野でも利用されるようになると、Windows と同じように脆弱性があることが明らかになってきたのです。

対策

対策は Windows と同じです。
  1. OS やアプリケーションの最新パッチを当てる。
  2. セキュリティ対策ソフト(アンチウイルスソフトなど)を導入する。
  3. 怪しいサイトにアクセスしたり、怪しいファイルを開いたりしない。


セキュリティソフトの利用状況」で記したように、Macintosh ユーザーではセキュリティソフトを利用していない人が全体の 4 割を占めています。このままでは危険です。

Linux の場合、ディストリビューションによってはパッチを当てるのに、手動コンパイルなど専門的な手段が必要になるものもあります。初心者が Linux を利用するのは、セキュリティ面からは危険と言わざるを得ません。

参考サイト

(この項おわり)
header