城端駅の駅舎は120年前のもの

2019年8月14日 撮影
城端駅
城端 (じょうはな) (富山県南砺 (なんと) 市是安 385番地)は、JR西日本・城端線の終着駅。駅舎は、1897 年(明治 30 年)開業当時からのもので、「第4 回中部の駅百選」「とやまの近代歴史百選」に認定されている。
城端駅の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1303 Kbyte)
城端駅
城端線は、城端駅から高岡駅までの 14駅、29.9km を結ぶ。窓口業務は、簡易委託駅として南砺市観光協会が受託している。
城端駅の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1260 Kbyte)
城端駅
往時は、木炭など物資集散の要衝だった。1947 年(昭和 22 年)、昭和天皇の行幸に伴い木炭出荷状況が視察された。このとき、昭和天皇が植林に関心をお持ちだったことから、戦後初めて天皇陛下による植林が実現した。
地名の城端は、かつては「城が鼻」と呼ばれていたものが、「城鼻」となり、「城端」へ変化していったとされる。
善徳寺の門前町として発展し、1952 年(昭和 27 年)5 月に城端町が発足する。2004 年(平成 16 年)11 月、近隣町村が合併し、南砺市となった。
2008 年(平成 20 年)に放送されたアニメ「true tears」の麦端町のモデルであり、聖地となっている。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:城端駅
城端線 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header