銀嶺バス「はまなす号」で稚内から札幌へ

約7時間で結ぶ高速バス
銀嶺バス
2013年8月18日 札幌駅 写真:こぱふぅ
銀嶺バスのはまなす号は、稚内駅札幌駅を約 7 時間で結ぶ高速バスだ。完全予約制。

この日は利尻島で乗る予定だった飛行機が欠航したため、稚内駅23 時発の夜行バスに乗った。
銀嶺バスの大きな写真大きな写真
(1920×1180 ピクセル, 552 Kbyte)
朝 6 時に札幌駅に到着。
座席は 3 列で足が伸ばすことができたので、睡眠もとれ、足がむくむこともなかった。

1970 年代後半には倒産直前まで追い込まれたが、1983 年(昭和 59 年)に黒字に転換。さらに 2004 年(平成 16 年)には民事再生法を申請した北都交通を買収した。
はまなす号を利用した直後の 2013 年(平成 25 年)10 月、北都交通へバス事業を譲渡し事業を一本化、銀嶺バスは持ち株会社「北都ホールディングス」に改組した。
(この項おわり)
header