稚内駅は日本最北端の鉄道駅

2013年8月16日・2017年2月20日 撮影
稚内駅
2013年8月16日
稚内駅(北海道稚内市中央 3 丁目6)は、鉄道の駅としては日本最北端に位置する。
現在の駅舎は 3 代目で、2012 年(平成 24 年)4 月に全面開業した。
稚内駅の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 409 Kbyte)
稚内駅
2017年2月20日
稚内は、アイヌ語のヤム・ワッカ・ナイ(冷たい飲み水の沢)に由来すると言われている。
稚内駅の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1071 Kbyte)
稚内駅~札幌駅 稚内駅~函館駅 稚内駅~東京駅
稚内駅~指宿駅 稚内駅~西大山駅 稚内駅~枕崎駅
稚内駅
2013年8月16日
ホームには、各駅からの距離を示すプレートが設置されている。
今回の北海道旅行で、函館駅札幌駅は訪問済みだが、北海道の広さをあらためて感じる。出発点の東京駅からは 1500km 以上を移動したことになる。JR 最南端の駅、西大山駅は、2008 年(平成 20 年)に訪問している。
稚内駅の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 624 Kbyte)
稚内駅
2017年2月20日
宗谷線開業当初は、1922 年(大正 11 年)に開業した南稚内駅が終点だった。
1923 年(大正 12 年)5 月、日本の統治下にあった南樺太との鉄道連絡船「稚泊航路」が運行開始し、現在の稚内駅に近いところに待合所が建設された。
稚内駅
2013年8月16日
1928 年(昭和 3 年)には稚内港まで線路が延び、1938 年(昭和 13 年)12 月に木造平屋建ての稚内桟橋駅が開業した。翌年には稚内駅に改称する。
1965 年(昭和 40 年)10 月に 2 代目駅舎がオープンする。
稚内駅
2013年8月16日
稚内駅は、1967 年(昭和 42 年)、JR 九州の指宿駅と姉妹駅提携を結んでいる。
稚内駅
2013年8月16日
「最北端の線路」の看板は、2 代目駅舎の時代に使われていたものである。
いまは駅舎からガラス越しに見ることができる。
稚内駅
2017年2月20日
冬期は写真のように、線路が雪に隠れてしまう。
稚内駅
2 代目の稚内駅は、現在の駅より北側にあった。
稚内駅
2013年8月16日
日本最北端の線路の象徴として、車止めとレールを当時の位置のまま復元してモニュメントとしている。

さらに、稚内桟橋駅までの線路を、この車止めから北側に延びる線で表している。
稚内駅の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 838 Kbyte)
稚内駅
2013年8月17日
夜の稚内駅。
稚内駅の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 365 Kbyte)
稚内駅
2013年8月16日
終電は 19 時 24 分と早い。

このことが、最終日の北海道脱出の足かせとなった。
稚内駅
2013年8月16日
稚内のゆるキャラ「出汁之介 (だしのすけ) 」――稚内近海で採れる利非理昆布や、ホヤ、タラバガニなどの海産物を好物とする。
正体は、抜海 (ばっかい) 港に現れる野生のごまアザラシだが、利尻昆布を食べ過ぎて下半身が昆布になってしまったという設定だ。
稚内駅
2013年8月16日
JR 東日本はロシアと交流を行っており、1993 年(平成 5 年)、JR 東日本で使命を終えた車両 32 両を改造してサハリン鉄道に無償提供したところ、返礼として友好の鐘が寄贈された。
稚内駅
2013年8月16日
一方、「北方領土フォト川柳」なるものが展示されていた。
最北の街の事情は複雑である。
稚内駅
2017年2月20日
ホームは 1面1線で、2014 年度の 1 日平均乗車人員は 95 人となっている。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:稚内駅

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header