松江境港シャトルバスは「ベタ踏み坂」を登坂

松江から境港へ最短1時間
松江境港シャトルバス
2017年8月15日 境港駅 写真:こぱふぅ
松江境港シャトルバスは一畑バスが運行する路線バスで、松江しんじ湖温泉から松江駅を経由し、境港駅まで 1 時間弱で到着する。大人 1,000 円(片道)。
松江境港シャトルバスの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1558 Kbyte)
鉄道を使って松江駅から境港駅まで行くには、特急を使っても 1 時間以上かかる。このバスの方が安く早く到着するのだ。

早さの秘密は、松江市と境港市の間に広がる湖「中海 (なかうみ) 」に浮かぶ大根島 (だいこんじま) 江島 (えしま) を経由して、ほぼ一直線に、松江駅と境港駅の間を結んでいるからである。
江島大橋
江島から境港へ向かう際、江島大橋があり、アクセル全開でないと進まないような橋の急勾配から「ベタ踏み坂」と呼ばれている。
松江境港シャトルバス
この日乗車したのはセレガ R FD――日野自動車が 2000 年(平成 12 年)夏に発売した大型観光バスで、

エンジンは、国産2軸バス最高レベル出力 331kW を備えたエンジンを搭載するモデルもあるが、このモデルは 265kW と抑え気味。それでもベタ踏み坂を登るには十分だ。
松江境港シャトルバス
JR 松江駅16 時 25 分発の、この日の最終便に乗ったのだが、車内はわが家の貸し切り状態であった。

運賃は後払い――料金表がしばらく「架空1」の表示だったので、どこへ連れて行かれるか心配であった😓
一畑バス 関連

参考サイト

(この項おわり)
header