ボーイング 747-SR100(ANA)は愛称「スーパージャンボ」

ANA国内線仕様では初めて500席を突破
ボーイング 747-SR100(ANA)
2000年10月22日 那覇空港 写真:パパぱふぅ
ボーイング 747-SR100、通称「スーパージャンボ」は、1979 年(昭和 54 年)に就航したジャンボジェット機である。
全長70.7m、全幅 59.6m、全高19.4m。巡航速度 880km/h。最大離陸重量は 264 トン。ANA 国内線仕様では 528 席と、初めて 500 席を突破した機体である。
747-100SR は、日本国内の短い滑走路と頻繁な離発着に対応すべく、747-100 をベースにカスタマイズされた機体で、全日空と日本航空のみが保有する。離陸滑走距離は 1,700m と、中型双発機である 767 に匹敵するほど短い。着陸滑降距離は 2,170m である。

日航ジャンボ機墜落事故

1985 年(昭和 60 年)8 月 12 日 19 時頃、羽田発・伊丹行の日本航空123 便が墜落。乗員乗客 524 名のうち死亡者数は 520 名を出す大惨事となった。墜落したのは ボーイング 747-SR100 であった。

この機体は 1974 年(昭和 49 年)1 月に製造された。1978 年(昭和 53 年)6 月 2 日、伊丹空港に着陸しようとした際、機体尾部が滑走路と接触する尻もち事故を起こし、ボーイング社で修理された。後部圧力隔壁を修理する中で発生した作業ミスが、後の墜落事故の原因になったとされている。

引退へ

全日空の国内線のスーパージャンボは、2006 年(平成 18 年)3 月 10 日、鹿児島―羽田便を最後に引退した。最終フライトには 427 人が搭乗。記念に 1979 年(昭和 54 年)当時と同じ搭乗券が発行されたほか、機内ではジュディ・オングの「魅せられて」など同年のヒット曲が流れた。
一方、日本航空の同型機も 2006 年(平成 18 年)10 月に引退した。
ボーイング747 関連
(この項おわり)
header