EF510形電気機関車の愛称は「後藤さん」

交直両用
EF510形電気機関車
2013年3月15日 桜木町駅 写真:こぱふぅ
EF510 形は、2002 年(平成 14 年)にデビューした JR貨物の交直両用電気機関車である。
EF510形電気機関車の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 821 Kbyte)
EF510形電気機関車
2013年7月30日 信越本線 帯織~見附駅間 写真:こぱふぅ
東海道・山陽本線などの直流電化区間用としては、現実的な運用パワーを目指して設計された EF210 形をベースに、交直両用機としての開発を行ったのが EF510 形である。

蒸気機関車の D51 形がデゴイチと呼ばれるように、EF510 形も後藤さんという愛称がある。
EF510形電気機関車の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 734 Kbyte)
EF510形電気機関車
2013年7月30日 信越本線 青梅川~鯨波駅間 写真:こぱふぅ
日本海縦貫線・常磐線などで 1968 年(昭和 43 年)から使用されてきた EF81 形の後継機として、2010 年(平成 22 年)から貨物輸送や寝台特急「北斗星」、「カシオペア」に充当されている。
EF510形電気機関車の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 924 Kbyte)
EF510形 関連
(この項おわり)
header