ハートランドフェリーに乗って利尻島へ

所要時間は約1時間40分
ハートランドフェリー
2013年8月17日 稚内利尻島 写真:こぱふぅ
ハートランドフェリーは、稚内港利尻島鴛泊港 (おしどまりこう) を1日2往復している。所要時間は約1時間40分。
ハートランドフェリーの大きな写真大きな写真
(1920×1080ピクセル, 331 Kbyte)
ハートランドフェリー
2013年8月17日 稚内利尻島 写真:こぱふぅ
写真のフィルイーズ宗谷は、2001年(平成13年)5月に就航した。
ハートランドフェリー
2013年8月17日 稚内利尻島 写真:こぱふぅ
全長95.70m、幅15.00m、総トン数3,551トン。航海速力は19.5ノット(最大20.4ノット)。車両積載数はトラック(8t)21台・乗用車66台。旅客は最大632名。
ハートランドフェリー
2013年8月17日 稚内利尻島 写真:こぱふぅ
船名は心の癒しをテーマとし「落ち着き・安心」に由来し、日本の離島航路初の交通バリアフリー法適応船である。
ハートランドフェリー
2013年8月17日 稚内利尻島 写真:こぱふぅ
稚内港を出発。
ハートランドフェリー
2013年8月17日 稚内利尻島 写真:こぱふぅ
間もなく利尻島の鴛泊港に到着する。
鴛泊港に突き出す標高93メートルのペシ岬が見えてくる。

創業は1925年(大正14年)と古く、1970年(昭和45年)4月に初のカーフェリー「第一宗谷丸」が就航。1972年(昭和47年)2月、社名を東日本海フェリー株式会社に変更した。さらに2008年(平成20年)1月、社名をハートランドフェリー株式会社に変更する。
(この項おわり)
header