定期観光バスに乗って利尻島を一回り

2013年8月17日 撮影
姫沼 - 利尻島
利尻島(北海道利尻郡)へ上陸した。稚内からハートランドフェリーに乗って 1 時間40 分の行程だ。定期観光バスを予約して島内一周観光した。
写真は姫沼。
姫沼 - 利尻島の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 737 Kbyte)
稚内港
稚内駅と稚内港は少し離れているが、定期バスが運行されている。

フェリーターミナルは 2008 年(平成 20 年)に改築されたばかりで、とてもきれいだ。
利尻島のゆるキャラたち
最北のゆるキャラたち――左から、りしりん(利尻町)、あつもん(礼文町)、りっぷくん・りっぷちゃん(利尻富士町)。

りしりんは、利尻島の名産「利尻こんぶ」をモチーフに、身体には利尻富士、顔には島の花であるエゾカンゾウが描かれている。
りっぷくん・りっぷちゃんは、利尻富士町の「り」と「ふ」、シマリスの「リ」から『りっぷ』と名付けられた。
ハートランドフェリー - 利尻島
ハートランドフェリーは、稚内港利尻島鴛泊港 (おしどまりこう) を 1 日 2 往復している。所要時間は約 1 時間40 分。
写真のフィルイーズ宗谷は、2001 年(平成 13 年)5 月に就航した、日本の離島航路初の交通バリアフリー法適応船である。
ノシャップ岬
稚内港を出発。ノシャップ岬が見える。
鷺泊港 - 利尻島
間もなく利尻島の鴛泊港に到着する。
鴛泊港に突き出す標高93 メートルのペシ岬が見えてくる。
姫沼 - 利尻島
利尻島の名はアイヌ語のリー・シリ(高い島)に由来し、利尻山(利尻富士;標高1,721m)を中心に広がる火山島だ。面積は 182.11km2で、日本の島では 18番目の広さである。
島の大部分は利尻礼文サロベツ国立公園に指定されている。
姫沼 - 利尻島
島内観光は、宗谷バスが運行する定期観光バスを利用する。予約制。
A,B,Cの 3 つのコースがあるが、午後に島を離れることから、利尻Aコースを選択。
鴛泊フェリーターミナルから時計回りで島を一周する 4 時間のコースだ。
姫沼 - 利尻島
最初に訪れた姫沼は、鴛泊フェリーターミナルから約 5km のところにある。原生林の中に設けられた歩道を進んでいくと、周囲 1km ほどの静かな姫沼に到着する。
この日はあいにくの曇天だったが、天気が良いと、この先に利尻富士が見えるという。
姫沼 - 利尻島
沼の周りには 30 分ほどで回れる遊歩道があり、野鳥のさえずりを耳にしながら、のんびりと散策できる。
オタトマリ沼 - 利尻島
次にオタトマリ沼に停車した。
明るく開放的な環境にある利尻島最大の湖沼だ。
ここにも遊歩道が整備されているが、停車時間の都合で 1 周することはできなかった。
オタトマリ沼 - 利尻島
天気が良いと、この先に利尻富士が見えるという。
仙法志御崎公園 - 利尻島
仙法志御崎公園 (せんほうしみさきこうえん) は利尻島最南端の岬である。

利尻島の海は透明度が高く、自然の磯の様子を観察できる。
仙法志御崎公園 - 利尻島の大きな写真大きな写真
(1232×1920 ピクセル, 731 Kbyte)
仙法志御崎公園 - 利尻島
利尻富士が噴火した時に海に流れ込んでできた奇岩・奇石が点在し、荒々しい最北の海の様子を見ることができる。
仙法志御崎公園 - 利尻島
磯にはウニや昆布だけでなく、ゴマフアザラシまで棲んでいたとのこと。

現在見られるゴマアザラシは、ノシャップ寒流水族館から派遣されている 1 党である。近くの土産物屋で餌を売っている。
仙法志御崎公園 - 利尻島
利尻町立博物館 - 利尻島


利尻町立博物館 - 利尻島
利尻町立博物館(北海道利尻町仙法志字本町136)は、利尻島の古代史から漁業史、動植物などについての展示が充実している。入場料は観光バス料金に含まれている。
利尻町立博物館 - 利尻島


利尻町立博物館 - 利尻島
北のいつくしま弁天宮 - 利尻島
北のいつくしま弁天宮は、昔、嵐で岩に打ち砕かれそうになった弁財船を弁天様が救ったことに感謝して建てられたものといわれている。赤い鳥居と海岸に突き出た祠が、船の安全を守っている。
利尻空港 - 利尻島
予定通り正午過ぎに利尻空港(北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字本泊 1143番地)に到着する。
しかし、登場予定だった ANA 4390 便(利尻 14:35→千歳 15:25)が欠航であることが告げられ、ここから北海道を脱出するのに 28 時間を要することになる。

観光コース

宗谷バスが運行する定期観光バスは予約制。A,B,Cの 3 つのコースがあるが、今回利用した利尻Aコースは、鴛泊フェリーターミナルから時計回りで島を一周する 4 時間のコースだ。

周辺地図

鴛泊港付近でネットができる宿

(この項おわり)
header