都電荒川線 8800形は4色のカラーリング

荒川線の未来を開く、先進性と快適性
都電荒川線 8800形
2014年7月15日 写真:こぱふぅ
都電荒川線 8800 形は、「荒川線の未来を開く、先進性と快適性」をコンセプトに、丸みのあるスタイルで優しさと親しみやすさをイメージしたデザインとし、2009 年(平成 21 年)4 月 26 日にデビューした。

従来の車両の約 2 割の省エネを実現している。
最初に落成した 2 両は、5 月 31 日まで、東京都下水道局森ヶ崎水再生センターのバイオマス発電によるグリーン電力で運行した。期間中に消費する運行電力(12,000kWh)相当のグリーン電力証書を購入することで、5,100 ㎏の CO2削減に貢献したとしている。
都電荒川線 8800形の大きな写真大きな写真
(1400×1920 ピクセル, 1659 Kbyte)
都電荒川線 8800形
2014年7月15日 写真:こぱふぅ
8801 号車から 8805 号車までのカラーリングはローズレッドである。これは、荒川線沿線に植栽されているバラをイメージしたものである。

車両定員は 61 名と、7500 形に 96 名に比べてだいぶ少ない。
営業最高速度は 40km/h、制御装置は東洋電機製造の IGBT-VVVF インバータである。
アルナ車両が製造した。
都電荒川線 8800形の大きな写真大きな写真
(1334×1920 ピクセル, 1491 Kbyte)
都電荒川線 8800形
2014年7月15日 写真:こぱふぅ
2010 年(平成 22 年)10 月 22 日には、バイオレット色の 8806、8807 号車が営業運転を開始した。
都電荒川線 8800形の大きな写真大きな写真
(1436×1920 ピクセル, 1804 Kbyte)
都電荒川線 8800形
2014年7月15日 写真:こぱふぅ
車内には、荒川線の車両で初めて LCD による車内案内表示装置を設置した。
また、客窓は荒川線では初めて横に長い大型窓が採用され、上部が引き違い式に開閉できるようになっている。
都電荒川線 8800形の大きな写真大きな写真
(1300×1920 ピクセル, 1651 Kbyte)
都電荒川線 8800形
2016年10月30日 三ノ輪橋停留所 写真:こぱふぅ
2010 年(平成 22 年)12 月 25 日には、オレンジ色の 8808、8809 号車、イエローの 8810 号車が営業運転を開始し、当初計画の 10 両すべてが揃った。
都電荒川線 8800形の大きな写真大きな写真
(2560×1985 ピクセル, 1742 Kbyte)
都電荒川線 8800形
2014年7月15日 写真:こぱふぅ
都電荒川線 8800形の大きな写真大きな写真
(1211×1920 ピクセル, 1531 Kbyte)
都電荒川線 8800形
2014年7月15日 写真:こぱふぅ
都電荒川線 8800形の大きな写真大きな写真
(1437×1920 ピクセル, 1844 Kbyte)
都電荒川線 関連
(この項おわり)
header