ED76形は九州・北海道向け電気機関車

軸重可変機構によりローカル線でも走行可能
ED76形 電気機関車
2016年3月20日 鹿児島中央駅 写真:こぱふぅ
ED76 形電気機関車は、ED75 形をベースに、九州向けに開発された機関車で、1965 年(昭和 40 年)から 1976 年まで 94 両が製造された。その後、北海道向けの 500番台が開発された。
ED76形 電気機関車の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1913 Kbyte)
重連総括制御装置は搭載しておらず、ED75 形とは異なり全面は非貫通型となっている。
また、中間台車の空気バネの内圧を調整することによって、動輪の軸重を 14t から 16.8t まで変化させられる軸重可変機構を搭載し、これによって軸重制限のあるローカル線でも走行可能となった。

写真は、最高速度 100km/h に対応した高速牽引の 1000番台で、電磁ブレーキ指令装置、連結用電話回路、応速度編成増圧ブレーキ装置などを搭載し、1970 年(昭和 45 年)から 1979 年までに 23 両が製造された。塗装は国鉄時代のままである。

参考サイト

ED76形 関連
(この項おわり)
header