新幹線 E4系は高速車両として世界最大の定員数

16両編成時の定員は1,634人

東北新幹線「Maxやまびこ」

東北新幹線 E4系
2013年5月26日 大宮駅 写真:こぱふぅ
E4 系新幹線電車は、1997 年(平成 9 年)12 月にデビューした。最高時速は 240km/h。2012 年(平成 24 年)9 月のダイヤ改正で、東北新幹線から姿を消した。
東北新幹線 E4系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 528 Kbyte)
東北新幹線 E4系
2010年2月27日 東京駅 写真:こぱふぅ
オール 2階建て車両として開発された新幹線電車で、E1 系に比べ先頭部分の鼻先をぐんと突き出したロングノーズ・デザインが印象的だ。
また、運転室は航空機のようなキャノピー形で、標識灯も盛り上がったスタイルになっている。
東北新幹線 E4系の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 718 Kbyte)
東北新幹線E4系「Maxやまびこ」
2005年2月1日 東京駅 写真:こぱふぅ

上越新幹線「Maxとき」「Maxたにがわ」

上越新幹線E4系「Maxとき」
2005年12月16日 新潟駅 写真:こぱふぅ
上越新幹線E4系「Maxたにがわ」
2007年10月27日 高崎駅 写真:こぱふぅ
先頭部の独特な形状は、空力特性を追求して得られたデザインで、高速で走るときの騒音を少なくしている。その独特な形状から、カモノハシの愛称で呼ばれる。

E1 系は普通鋼製だったが、E4 系は大型押し出し型材によるアルミ合金製で軽量化を図っている。
上越新幹線E4系「Maxとき」
2016年9月10日 越後湯沢駅 写真:こぱふぅ
E1 系は 12 両編成だったが、E4 系は 8 両編成となっている。2 本連結した 16 両編成でも運転できる。
16 両編成時の定員は 1,634 人で、高速車両としては世界最大の定員数を誇る。また、つばさ号と併結して 15 両編成での運転も行われている。
上越新幹線E4系「Maxとき」の大きな写真大きな写真
(1280×1118 ピクセル, 667 Kbyte)
上越新幹線E4系「Maxとき」
2017年12月31日 浦佐駅 写真:こぱふぅ
2014 年(平成 26 年)の新潟デスティネーションキャンペーンに合わせて、引退した E1 系新幹線の塗装と同じ朱鷺色 (ときいろ) に塗装変更された。ピンクの帯が特徴だ。
上越新幹線E4系「Maxとき」の大きな写真大きな写真
(1920×1233 ピクセル, 1284 Kbyte)
上越新幹線E4系「Maxとき」
2017年12月31日 浦佐駅 写真:こぱふぅ
E1 系では 9.4 メートルだったノーズ長が、E4 系では 11.5 メートルと長くなっており、分割・併合装置が収納されている。
上越新幹線E4系「Maxとき」
2017年12月31日 ガーラ湯沢駅 写真:こぱふぅ
ロゴマークには、3羽のトキのイラストが加えられた。
上越新幹線E4系「Maxとき」
2016年9月10日 越後湯沢駅 写真:こぱふぅ
2017 年(平成 29 年)4 月、2020 年度末までに上越新幹線で使用している E4 系を北陸新幹線で使われているE7 系にすべて入れ替えることが決まった。車両の形式を統一することで、メンテナンスの効率化を図る。
関連商品icon
(この項おわり)
header