JR東日本 E1系は日本初のオール2階建て新幹線

編成あたりの定員は1,235名
上越新幹線E1系
2010年2月27日 東京駅 写真:こぱふぅ
E1 系新幹線は、日本初のオール 2階建て新幹線電車として 1994 年(平成 6 年)7 月デビューした。最高速度は 240km/h。
上越新幹線E1系の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 708 Kbyte)
上越新幹線「Maxとき」E1系
2004年2月27日 東京駅 写真:パパぱふぅ
編成あたりの定員は 1,235 名で、200 系12 両編成と比べて 4 割アップを実現している。

編成重量は 692t と、JR 東日本の新幹線車両の中で最も重い。ちなみに、東海道新幹線 N700 系は 16 両編成で 700t となっている。
上越新幹線「Maxとき」E1系
2008年12月31日 東京駅 写真:こぱふぅ
定員数を増やした犠牲になったのが自由席の 2階座席――3+3 列で、リクライニングができない。座席の幅は東海道・山陽新幹線と変わりがない(※)はずなのだが、やたら狭く感じる。
そのためかどうか分からないが、閑散期にはアームレストを跳ね上げることで 2 人分の座席にして構わないことになっている。
が、それにしても
(※)一人当たりの座席幅は 430mm(中央席のみ 460mm)。
上越新幹線「Maxとき」E1系
2008年12月31日 東京駅 写真:こぱふぅ
愛称の「Max」は Multi Amenity Express の略である。
新潟県の鳥であるトキ(朱鷺)にちなみ、車体塗色は朱鷺色を採用し、Max のロゴにも朱鷺のイラストが入っている。
上越新幹線「Maxとき・MAXたにがわ」E1系
2004年10月20日 東京駅 写真:パパぱふぅ
写真はデビュー当時の塗装。2003 年(平成 15 年)以降、新しいカラーリングとなった。

2012 年(平成 24 年)9 月 28 日の上越新幹線の運行を最後に引退した。

2階建て新幹線登場の背景

バブル景気で地価が急騰した頃、通勤距離は伸びる一方で、新幹線定期の販売枚数は平成に入ってからの 5 年間で約 4 倍にふくれあがった。朝のラッシュ時には、新幹線が大宮駅へ到着する前に定員オーバーとなり、特急料金を払っているのに座れないという不満が相次いだ。
そこで開発されたのが 2階建て新幹線である。
最盛期には東北新幹線の 4 分の 1、上越新幹線の半数が 2階建て新幹線だった。

しかし、東北新幹線の延伸や、北陸新幹線、北海道新幹線の開業で高速化が重要となり、最高速度 240km/h の 2階建て新幹線は全体のスピードアップの障害となっている。
また、住宅の都心回帰の流れから、新幹線の販売枚数は 2005 年(平成 17 年)以降横ばい状態だ。座席数の多さは、トラブル時に振り替え輸送を難しくなる原因ともなっている。

こうした状況を受け、E1 系は 2012 年(平成 24 年)9 月に引退。後継車両のE4 系も順次廃車されている。
E4系関連
(この項おわり)
header