JR四国 6000系は1996年4月デビュー

3両編成で最高速度は110km/h

予讃線

予讃線 121系
2013年12月14日 鬼無~端岡駅間 写真:こぱふぅ
6000 系電車は、、1996 年(平成 8 年)4 月にデビューした JR 四国の直流近郊形電車である。3 両編成で最高速度は 110km/h。

老朽化した 111 系電車の代替車として開発された車両で、7000 系8000 系電車を基本に開発された。
予讃線 121系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 458 Kbyte)
ステンレス製の軽量構体で、前面は FRP製となっている。
東芝製の GTO サイリスタ素子を搭載した主変換装置による VVVF インバータ制御を行っている。

車内設備は転換式クロスシートを採用。
6000系 関連
(この項おわり)
header