JR西日本 105系は旧形国電を置き換えるために登場

103系と201系の中間的存在

紀勢本線

紀勢本線 105系
2014年12月13日 那智駅 写真:こぱふぅ
105 系電車は、国鉄時代末期の 1981 年(昭和 56 年)にデビューした。
オーシャングリーンにラベンダーの帯が窓下に 1 本入るカラーリングは、新和歌山色と呼ばれる。
紀勢本線 105系の大きな写真大きな写真
(2560×1884 ピクセル, 2172 Kbyte)
紀勢本線 105系
2014年12月14日 新宮駅 写真:こぱふぅ
戦後間もない頃に製造された「旧形国電」が走っていた地方路線の置き換え用に登場した通勤形電車である。ローカル線を走るため、2 両編成で運用可能な通勤車両である。
紀勢本線 105系の大きな写真大きな写真
(2560×2206 ピクセル, 2627 Kbyte)
紀勢本線 105系
2014年12月13日 古座駅付近 写真:こぱふぅ
設計的には 103 系201 系の中間のような存在で、3 扉の新製車の他、103 系からの改造車両(4 扉)もある。先頭車の前面もバリエーションが多い。
紀勢本線 105系の大きな写真大きな写真
(2560×2143 ピクセル, 2811 Kbyte)
紀勢本線 105系
2014年12月12日 新宮駅~三輪崎駅間 写真:こぱふぅ
国鉄分割民営化後、JR 東日本と JR西日本に承継されたが、現在は JR西日本の残るのみとなっている。

新宮駅 - 紀伊田辺駅間は通常は 3 扉車、和歌山駅 - 和歌山市駅間は 4 扉車が運用されている。
紀勢本線 105系の大きな写真大きな写真
(2560×2349 ピクセル, 2804 Kbyte)

呉線

呉線 105系
2006年7月23日 広島駅 写真:ままぱふぅ
呉線は、三原駅 - 海田市駅を結ぶ 87km の幹線で、1903 年(明治 36 年)に開業した。三原駅 - 広駅間は「瀬戸内さざなみ線」という愛称が付けられている。

白に赤と紺のストライプは旧仙石色と呼ばれる。1995 年(平成 7 年)にスカイブルー単一塗装を経て新仙石色に変更され、消滅した
呉線 105系の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 398 Kbyte)
105系 関連
(この項おわり)
header