JR西日本 201系は省エネ電車

関西地区には1982年に投入

大阪環状線

大阪環状線 201系
2016年12月31日 今宮駅 写真:こぱふぅ
201 系電車は、1979 年(昭和 54 年)にデビューした直流通勤形電車である。関西地区には 1982 年(昭和 57 年)に投入された。
大阪環状線では、103 系の置き換え用として、2005 年(平成 17 年)12 月から導入された。
大阪環状線 201系の大きな写真大きな写真
(2560×1871 ピクセル, 1565 Kbyte)
大阪環状線 201系
2013年12月17日 大阪駅 こぱふぅ
大阪環状線内のドア数統一目的で 2016 年度から片側 3 ドア車の 323 系が新製投入されることとなり、順次置き換えられる予定となっている。
大阪環状線 201系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 661 Kbyte)
大阪環状線 201系
2007年7月28日 大阪駅 ままぱふぅ

東海道本線

東海道本線 201系
2003年8月29日 大阪駅 パパぱふぅ
国電として初めての電機子チョッパ制御を採用し、電力回生ブレーキを装備した「省エネ電車」として設計・製造された次世代車両であった。
だが、製造コストの高さがネックとなり、JR の標準車両は安価な抵抗制御をベースとした界磁添加励磁制御205 系へ移行した。

東海道線では、1983 年(昭和 58 年)2 月から営業運転を開始した。
201系関連
(この項おわり)
header